木星人

【細木数子 六星占術2017】木星人の性格、恋愛

細木数子さんの六星占術2017年版。

この記事では、木星人の性格や恋愛についてご紹介していきます。

あなた自身の事を客観的に理解することで、今後の人生の参考にして頂きたいと思います。

 

スポンサードリンク



木星人の性格 ~驚くほど大胆で自尊心が強く、独立心も旺盛~

それでは、木星人の性格についてお伝えしたいと思います。

物静かで落ち着いた印象を与える人が多いのですが、どうしてどうして、木星人ほど攻撃的で、激しい性格を持った星人はいません。

自尊心が強く、勝ち気で、驚くほど大胆なところもあります。度胸もあり、ここぞという場面では思い切りよく行動します。

木星人は母親との縁が薄く、兄弟姉妹がいても、あまり仲がよくありません。そのことに不満を感じているので、なんとかして安定した環境をつくりたいとの思いが強く、関心が家の中に向きがちです。

家庭をとるか仕事をとるかという選択を迫られると、十中八九、家庭をとろうとするのもそのためです。家庭は、木星人にとって一番安心できる場所なのです。

ところが、そうした思いが強過ぎると、外への気遣いが疎かになり、誤解されることも多いため、いつの間にか敵をつくることになります。

そして敵ができると、自分自身と家庭を守ろうとするため、どうしても攻撃的になってしまうのです。時として、そうした行動に出るときの木星人は、他人の目には頼もしくさえ映ることがあるかもしれません。

また、六星人の中でもっともエネルギ-とパワ-を備えているため、仕事の面では、起業したり、会社のトップに立って活躍する人も少なくありません。

ただ、そうした地位や立場になるまでには、かなり時間がかかります。何事にも我慢強く、ギリギリまで熟慮して決断を先延ばしにしようとするのが木星人の特徴。逆に言うと、その決断、発言、行動にはそれだけ重みがあるということです。

もっとも、これは、友人や仲間を無条件で信頼しない半面、独立心、自立心の強さの裏返しとも言えます。頼れるのは自分だけという思いが強いのです。

そのため、人を当てにしたり信頼したりすることもなく、自分の直感だけを頼りに物事を決めていこうとします。

ですから人生経験がまだ浅いうちは、派手な行動や決断は慎んだほうが賢明で、コツコツ努力を積み重ねる生き方が合っているでしょう。

大ざっぱなところも目につきますし、口も悪いので、ともすると周りから悪く言われがちですが、実際は非常に情け深いところがあり、男女とも、異性からは好意を持たれます。ただ、恋愛、結婚となると慎重に構え過ぎるところがあり、奥手な人が多いでしょう。

 

スポンサードリンク



木星人の恋愛 ~「この人」と決めたら、ひた走る情熱派~

続いて、木星人の恋愛についてお伝えしていきます。

人一倍情が深く、個性的な感性が魅力の木星人は、男女とも異性から好意を持たれることが多いようです。ただし、キラキラとした華やかさに欠け、どちらかと言えば地味な印象が強いので、異性の間で派手に騒がれることは少ないかもしれません。それでも、恋愛の話題になれば、だれかがかならず名前を挙げる。”本命の人”として注目されることが多そうです。

ただ、大胆で、時には相手を攻撃する激しさを持つ半面、恋愛に対しては、かなり慎重に構える傾向があります。たとえ、そうした魅力を高く評価してくれている人に告白されても、軽々しく誘いに応じたりはしません。これまで冷淡にあしらった異性もけっこうな数になるのではないでしょうか。

セックスについても同様で、その場の雰囲気が盛りあがり、あなたしだいという状況になっても、遊び感覚で楽しむといったことにはならないでしょう。そのため、声をかけられることは多くても、実際の経験は少なく、結婚相手が最初で最後の異性という人も少なくなさそうです。

それほどまで恋愛には奥手の木星人ですが、ひとたび「この人!」という相手を見つけると、その行動は驚くほど大胆になります。真面目で、おとなしそうな外見からは想像もできないほど、なり振り構わず、それこそ押しの一手で突き進もうとすることもしばしば。

これは、木星人が安定した環境を強く求めるあまり、恋愛の先に結婚を考え、幸せな家庭を築きたいと願っているからです。もともと、六星人の中でも、ずば抜けたエネルギ-とパワ-を備えているので、相手を振り向かせるための努力は惜しみません。結婚を意識してくれるようになるまで、それは続くでしょう。

仕事や家庭環境など、大きなハンディを背負っていたとしても、自分の気持ちをはっきり伝えようとする人が多いのはそのためです。

ただし、時代遅れとも思われる恋愛観が邪魔をして、出会いはあっても深い交際にまでは発展しにくく、若いときは理想の相手を見つけるチャンスに恵まれない人も少なくありません。しかし、年齢を重ね、多くの経験を経て人を見る目が変わることで、逆に異性とつき合う機会が多くなることもあります。

30~40代になって素晴らしいパ-トナ-を得る人が目につくのも、木星人の特徴と言えるでしょう。

まとめ

以上、木星人の性格と恋愛についてご紹介しました。

日々の生活にこの考え方に取り入れていくと人生がよい方向に向かうでしょう。是非、上記の内容を参考にしていただきたいと思います。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. 木星人プラス2017の運勢 月運 ~1月、2月、3月~【細木数子…
  2. 木星人マイナス2018の運勢 月運 ~4月、5月、6月~【細木数…
  3. 木星人プラス2018の運勢 月運 ~4月、5月、6月~【細木数子…
  4. 木星人プラス2017の運勢 月運 ~10月、11月、12月~【細…
  5. 【細木数子 六星占術2017】木星人マイナス(-)の運勢~全体運…
  6. 木星人マイナス2017 大殺界早見表と日運 【細木数子 六星占術…
  7. 木星人マイナス2018の運勢 月運 ~7月、8月、9月~【細木数…
  8. 木星人プラス2017の運勢~財運、人間関係運~【細木数子 六星占…
PAGE TOP