火星人

【細木数子 六星占術2017】火星人の性格、恋愛

細木数子さんの六星占術2017年版。

この記事では、火星人の性格や恋愛についてご紹介していきます。

あなた自身の事を客観的に理解することで、今後の人生の参考にして頂きたいと思います。

 

スポンサードリンク



火星人の性格 ~芸術的なセンスに恵まれた鋭い感性の持ち主~

それでは、火星人の性格についてお伝えしたいと思います。

目下の人に縁が薄い火星人は、組織や集団になじみにくいのが特徴です。そのため、何事も、明るい未来を夢見ながらマイペ-スで進めようとします。

とはいっても、常に現実を冷静に観察していますから、道から大きくはずれたりすることはないでしょう。束縛を嫌い、自由を求めつつも、チャレンジ精神は旺盛。時には畑違いのことに手を出すのですが、持ち前の集中力を発揮し、その道のプロも顔負けという結果を出すこともあります。

”目下”にはさまざまな意味がありますが、ひとつは、子どもです。火星人の場合、子どもに恵まれない人が多いのですが、仮に授かったとしても、折り合いをつけることができません。家業を持っている人が子どもに跡を継がせようとしても、思うようにならないのはそのためです。

仕事では、部下との関係がギクシャクしがちです。その逆に、上司からの評判はよく、それがまた、部下に不信の念を抱かせる原因になります。

そうしたことがあってか、火星人は自由業的な仕事に就くのが一番。鋭い感性を活かして斬新なアイデアを思いつくことは、お手のものでしょう。

また芸術的なセンスに恵まれている火星人には、個性的なおしゃれで人を惹きつける才能もあります。一流のブランド物しか身につけないというのではなく、ファッションには「自分らしさ」という筋が一本通っている印象を与えます。

世の中の一歩先をいきたいという思いが強いので、あちこちにアンテナを張りめぐらせています。ただし、ふだんは人を大切にするのですが、何かを思いついたとたんに、ひとりで事を進めようとし、時に暴走してしまうことも。

そして、自分のアイデアや知恵に頼り過ぎるあまり、人の言葉に耳を貸さないところがあり、墓穴を掘ってしまうことも少なくありません。

また神経質な面があるので、周囲に対して強い気遣いを見せます。しかし、金銭に関してはル-ズなところがあります。生来、堅実さに欠けるきらいがあるのですが、自分のおかれている状況を考慮せず、衝動買いをしたり安易にお金を借りたりする人も少なくありません。

それでも、憎まれるということはなく、別の人から援助を受けたりする強運を身につけています。なんだかんだ言われながらも、世の中を要領よく泳いでいけるのは、そうしたことも追い風になっているからでしょう。

 

スポンサードリンク



火星人の恋愛 ~セクシ-でチャ-ミングなのに片想いに終わりがち~

続いて、火星人の恋愛についてお伝えしていきます。

火星人は、しぐさや体つきがセクシ-でチャ-ミングなだけでなく、自分の魅力を最大限に活かすファッションセンスにも恵まれています。ただ、プライドが高く人見知りするので、なかなか本心を明かそうとしません。女性の場合は我がままなお嬢さま、男性の場合は内気なアウトロ-といったタイプが多いでしょう。

そこにミステリアスな雰囲気を感じて、心惹かれる人も多いでしょうが、「何を考えているのかわからない」「つき合い切れない」と敬遠する人もいます。その点では、好き嫌いがはっきり分かれる星人と言えるかもしれません。

自分から異性に積極的に声をかけたり、告白するのは大の苦手。しかも、理想の相手や恋愛のイメ-ジがはっきりしているので、恋が成就しにくいとも言えます。その気になって積極的にアプロ-チすれば、すぐにでも恋が芽生える要素を十分に持っているにもかかわらず、これまで幾度となく、実るはずの恋を逃してきたのではないでしょうか。

たとえ首尾よくつき合いはじめたとしても、相手を好きになればなるほど、気まぐれな面やいい加減さが前面に出てしまうので、長続きさせるのは至難の業。火星人のあなただけでなく、相手も一緒に、どれだけ辛抱できるかにかかってくるといっていいでしょう

セックスに関しては、陽(+)の人は、内面に燃えるような情熱を秘めているにもかかわらず、プライドが邪魔をして、素直に感情をあらわすことができません。そうした態度は、相手に「その気がない」と誤解されてしまうこともしばしば。本質的には男女ともスキンシップが大好きですから、気の許せる相手に出会えれば、充実したセックスライフを楽しむこともできるはずです。

どちらかといえばノ-マルな陽(+)の人とは逆に、陰(-)の人は精力絶倫、男女とも朝から晩までセックスを求めているといっても過言ではありません。しかも、ひとりの相手では満足できないため、セックスフレンドが何人もいたり、結婚しても愛人をつくる可能性が大です。

女性にかぎっていえば、昼は清純な乙女のようでも、夜には大胆な娼婦のように変身するタイプ。ふだん自分の欲望を抑えている分、いざセックスとなるとタガがはずれたように激しく燃えることも。感度も最高で、疲れを知らない陰(-)の人は、相手を十分に満足させることができるでしょう。

まとめ

以上、火星人の性格と恋愛についてご紹介しました。

日々の生活にこの考え方に取り入れていくと人生がよい方向に向かうでしょう。是非、上記の内容を参考にしていただきたいと思います。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. 火星人マイナスの相性 2017【細木数子 六星占術】
  2. 【細木数子 六星占術2017】火星人の運命 12年周期
  3. 【細木数子 六星占術】相性 2017 火星人マイナス~干支編~
  4. 火星人プラス2017の運勢~全体運、恋愛・結婚運~【細木数子 六…
  5. 細木数子 六星占術 2017 火星人マイナスの運勢 月運 ~1月…
  6. 火星人マイナス2016の運勢 月運 ~10月、11月、12月~【…
  7. 【細木数子 六星占術2017】火星人プラス(+)の運勢のまとめ
  8. 【細木数子 六星占術】相性 2017 ~火星人プラス~
PAGE TOP