水星人

【細木数子 六星占術 2017】水星人の性格、恋愛

細木数子さんの六星占術2017年版。

この記事では、水星人の性格や恋愛についてご紹介していきます。

あなた自身の事を客観的に理解することで、今後の人生の参考にして頂きたいと思います。

 

スポンサードリンク



水星人の性格 ~自立心が強い”初代運”の持ち主~

それでは、水星人の性格についてお伝えしたいと思います。

水星人は目上の人、とくに父親との縁が薄いのが特徴です。そのため、家業を継ごうとしない、早いうちに実家を出るなど、ともすると自分ひとりで行動しがちです。何事も自分からはじまる。”初代運”の持ち主と言えるでしょう。

逆に、いつまで経っても親の援助を受けているようだと、本領が発揮できず、不本意な人

目上というと、会社の上司もそうです。上司のもとで仕事をしなくてはならない若い時代はなかなか実力を発揮できず、不本意な人生を送らなければなりません。当然、評価も低いままで甘んじることになります。それに不満を抱き、会社を途中で辞めてしまう人も多いようです。

しかし、そうした時期を乗り越え、40歳を過ぎたあたりから上司の監督を受ける場面が減ると、伸びのびと仕事ができるようになり、素晴らしい結果を残すことも少なくありません。支店長、支社長といった、目上の人の視線を気にしないで済むような環境を与えられると、驚くほどの業績を残すことでしょう。そのため”晩年運”に大きく期待できるのが、水星人の特徴です。

目上の人からの援助を当てにしないどころか、みずから断ち切るのですから、コツコツ努力を積み重ねていくことにかけては人後に落ちません。頭の回転も速く集中力にも優れているので、 マイペ-スで事が進められると、実力を発揮します。

ただし、親や目上との関係が薄いため、逆に子どもや目下の人に対しては強い期待を抱くところがあります。そのため、知らず知らずのうちに型にはめようとする傾向がありますが、人当たりがいいので、信頼を損ねたりすることはありません。

自立心、独立心は旺盛なので、何事も人に頼らず、自分で処理していくエネルギ-に恵まれています。その源泉になっているのが観察力、分析力です。直感力にも優れているので、臨機応変な対応に長け、それが世わたり上手という評価につながることもしばしばです。

また、大きな障害にぶつかってもそれに屈せず、目標達成に向け、最後まで頑張り抜く粘り強さにかけては、ほかのどの星人にも負けません。

男女とも第一印象はク-ルですが、意外にソフトな一面もあります。また内面には、だれになんと言われても自説を曲げない頑固さ、また驚くほどの大胆さを秘めています。女性の場合は、結婚すると夫によく尽くそうとする人が多いのですが、性格の弱い夫を迎えると、すべて自分で仕切るようになるでしょう。

スポンサードリンク



水星人の恋愛 ~恋愛ゲ-ムが得意な無類のセックス好き~

続いて、水星人の恋愛についてお伝えしていきます。

ク-ルなイメ-ジに加え、華やかなム-ドも兼ね備えている水星人は、異性にとって気になる存在。まったく意識していない相手から、積極的にアプロ-チされた経験のある人も少なくないでしょう。

水星人は、ほかの星人が足もとにも及ばないくらい、セックス好きです。男性はスタミナ抜群で、一度ではけっして終わりませんし、女性もひとたびベッドに入ると、満足し尽くすまで相手を求め続けます。

しかし、どんなに激しいセックスをしたとしても、終わってしまえば何事もなかったかのようなク-ルな態度に。相手が水星人の場合、一度や二度、肉体関係を持ったからといって恋人気どりでいると、期待を大きく裏切られる結果になりかねません。

水星人にとって、セックスは単なる遊びのひとつ。「セックスしたから、その相手と結婚する」などという考え方はおよそ待ち合わせていないのです。言葉は悪いかもしれませんが、男性なら”乗り上手の別れ上手”というのが、水星人の大きな特徴と言えるでしょう

こうした行動の背景には、水星人がもともと家庭的な愛情に恵まれていないことがあります。愛情の薄い境遇で育っている人が多く、夫婦や家庭といったものに対して憧れを抱いていません。遊びでの恋愛やセックスの経験は豊富でも、結婚に対する夢がなかなか描けないのです。

相手があなたに対する愛情の強さ、深さを訴えてきても、簡単には心を揺さぶられませんし、恋人どうしでも愛情より損得勘定を優先しがち。そのため”温かみに欠ける人”という印象を与え、割り切った関係に留まることが少なくありません。恋愛をゲ-ムとして楽しむのならそれでもいいのですが、普通の家庭を持ちたいと願う人にとっては、水星人のこうした考え方が大きな障害となるでしょう。

年上の人といると自由に振る舞えない水星人は、相手が年下の人のほうが恋愛を楽しめそうです。時には親子ほど、あるいはそれ以上に年の離れた人とつき合って、周りを驚かせるかもしれません。

相手が水星人の場合は、はじめから結婚を前提にしてつき合うのではなく、まずは遊び友だちか、愛情抜きのセックスフレンドとして接してください。そうしながら、相手の気持ちが結婚に傾くのを待って話を進めることです。

まとめ

以上、水星人の性格と恋愛についてご紹介しました。

日々の生活にこの考え方に取り入れていくと人生がよい方向に向かうでしょう。是非、上記の内容を参考にしていただきたいと思います。

 

スポンサードリンク



関連記事

  1. 細木数子 六星占術 2018 水星人マイナスの運勢 月運 ~10…
  2. 水星人マイナス2017の運勢~財運、人間関係運~【細木数子 六星…
  3. 細木数子 六星占術 2018 水星人マイナスの運勢 月運 ~1月…
  4. 水星人マイナス2017の運勢 月運 ~7月、8月、9月~【細木数…
  5. 【細木数子 六星占術2017】水星人プラス(+)の運勢のまとめ
  6. 水星人プラス2017 日運と大殺界早見表【細木数子 六星占術】
  7. 水星人マイナス2017の運勢~健康、旅行・レジャー、仕事・勉強運…
  8. 水星人プラスの相性 2017 干支【細木数子 六星占術】
PAGE TOP